2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
1月9日 にゃん太郎との出会い 3 ~家族になるまで~
2005年01月09日(日)
165_6592s.jpg


今日は、にゃん太郎がうちの家族になるまでの事を書こうと思います。(*^_^*)
「にゃん太郎」と言う名前を付けてからは、よりかわいく思えました。
まだまだ、にゃん太郎も子供だったので、主人が「にゃん太郎!」と呼んだ時には、「蝶」を追いかけるのに夢中で、普通なら来るはずなのですが、来てくれなかったと主人は落ち込んでいた事もありました。^m^

あるいは、主人や私が仕事から帰って来ると、どこからともなくやって来て、足元で「スリスリ」して来たのでした。(^_^)

全然人見知りをしないので、お隣のおじさんとかにも「なでなで」されたりもしていたんですよ。

とても無邪気で天真爛漫でした。それは、今でも変わらないんですけどね。(≧m≦)

家に来た時には、必ずご飯をあげていましたから、自然と居つくようになったのです。
私達も飼うことについて悩みました。(__)

主人は、実家で「犬」を飼っていた事があったのですが、私は、「金魚・カメ」しか飼った事がなかったので、果たしてちゃんと飼っていけるだろうか?という不安がありました。

家族になるからは、ちゃんと最後まで面倒を見てあげなくては、いけませんからね。責任があります。
その意思をしっかり持てるか?と言うのが問われるようになったのです。

しかも、季節は夏から秋へと向かい段々と寒くなったのです。((+_+))ブルブル。
玄関前にダンボールを置いて、その中に毛布を入れてあげたら、ちゃんと分かってくれて、顔だけ出して入ってくれたんですよ。
)^o^(

その頃になると、父にもバレてしまい、最初のうちは反対をしていたのですが、にゃん太郎の愛想の良さに負けてしまったのです。\(^o^)/

父も許してくれましたし、冬が来る前に家族に迎えたいと言う気持ちがありましたから、それから、うちの家族となったのです。


にゃん太郎と私達には、そう言う出会いがあったのです。
今日のにゃん太郎の写真は、前にもこの「カゴ」の中にも入っていたのですが、それをも上回る「まんまるく」なって寝ていました。まるで猫だんごですね。^m^

思いっきり、カゴからはみ出しているんですけどねぇ~^_^;
スポンサーサイト
【編集】 18:57 |  にゃん太郎との出会い  | TB(0) | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。